環境センサー

View Source

手順1

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir ambient いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd ambient

手順2

環境センサー(ambient)モジュールをTesselのポートAに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

手順3

以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install ambient-attx4

手順4

ambient.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

// Any copyright is dedicated to the Public Domain.
// http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/

/*********************************************
This ambient module example console.logs
ambient light and sound levels and whenever a
specified light or sound level trigger is met.
*********************************************/

var tessel = require('tessel');
var ambientlib = require('ambient-attx4');

var ambient = ambientlib.use(tessel.port['A']);

ambient.on('ready', function () {
 // Get points of light and sound data.
  setInterval( function () {
    ambient.getLightLevel( function(err, lightdata) {
      if (err) throw err;
      ambient.getSoundLevel( function(err, sounddata) {
        if (err) throw err;
        console.log("Light level:", lightdata.toFixed(8), " ", "Sound Level:", sounddata.toFixed(8));
      });
    });
  }, 500); // The readings will happen every .5 seconds
});

ambient.on('error', function (err) {
  console.log(err);
});

手順5

以下のコマンドを入力してください。tessel run ambient.js
明るさと音量を示す値が表示されます。Tesselの近くで手を叩いたり、懐中電灯で照らしたりしてみてください。

おまけ:音によるトリガー(sound-trigger)が、ささやきくらいの音量で働くようにプログラムを変更してみてください。

環境センサーモジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

手順6

あなたはこの ambient で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

あなたは何を作っている あなたの本を共有する

何か困ったことがあったら、環境センサーモジュールの掲示板で聞いてみてください。

他のモジュールを試す

あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

Fork on Github