カメラ

View Source

手順1

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir camera いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd camera

手順2

カメラ(camera)モジュールをTesselのポートAに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

手順3

以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install camera-vc0706

手順4

camera.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

// Any copyright is dedicated to the Public Domain.
// http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/

/*********************************************
This camera example takes a picture. If a
directory is specified with the --upload-dir
flag, the picture is saved to that directory.
*********************************************/

var tessel = require('tessel');
var camera = require('camera-vc0706').use(tessel.port['A']);

var notificationLED = tessel.led[3]; // Set up an LED to notify when we're taking a picture

// Wait for the camera module to say it's ready
camera.on('ready', function() {
  notificationLED.high();
  // Take the picture
  camera.takePicture(function(err, image) {
    if (err) {
      console.log('error taking image', err);
    } else {
      notificationLED.low();
      // Name the image
      var name = 'picture-' + Math.floor(Date.now()*1000) + '.jpg';
      // Save the image
      console.log('Picture saving as', name, '...');
      process.sendfile(name, image);
      console.log('done.');
      // Turn the camera off to end the script
      camera.disable();
    }
  });
});

camera.on('error', function(err) {
  console.error(err);
});

手順5

以下のコマンドを入力してください。tessel run camera.js --upload-dir ./
--upload-dir」というコマンドラインオプションを使うと、画像をどこに保存するのかを指定することができます。「.」は、現在いる場所のディレクトリを意味します。あるいは、「process.env.TESSEL_UPLOAD_DIR」という環境変数を設定しておけば、このコマンドラインオプションは不要です。

写真が撮影されます!

おまけ:違う解像度の写真を撮影するように、プログラムを変更してみてください(ヒント:カメラモジュールのドキュメントを読んでみてください)。

カメラモジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

手順6

あなたはこの camera で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

あなたは何を作っている あなたの本を共有する

何か困ったことがあったら、カメラモジュールの掲示板で聞いてみてください。

他のモジュールを試す

あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

Fork on Github