手順1

注意:現時点では、GPSモジュールはポートCでしか動作しません。ポートCはマイコンのRFノイズの影響を一番受けにくいのです。Tesselが複雑な処理をしていると、位置の確定は難しくなります。人工衛星からの電波を受信して位置が確定するまでにかかる時間は、人工衛星の状態によって異なります。野外で実験するのがいちばんです(それでも位置が確定するまでに多少の時間がかかります)。いったん位置が確定すると、電波状態が少し悪くなっても確定したままです。

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir gps いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd gps

手順2

GPS(gps)モジュールをTesselのポートCに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

手順3

以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install gps-a2235h

手順4

gps.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

// Any copyright is dedicated to the Public Domain.
// http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/

/**********************************************************
This gps example logs a stream of data:
coordinates, detected satellites, timestamps, and altitude.
For best results, try it while outdoors.
**********************************************************/

var tessel = require('tessel');
var gpsLib = require('gps-a2235h');

// GPS uses software UART, which is only available on Port C on Tessel 1
// we use Port C because it is most isolated from RF noise
// Port C doesn't exist on Tessel 2 so use Port A
var portToUse = 'C';

if (!tessel.port[portToUse]) {
  portToUse = 'A';
}

var gps = gpsLib.use(tessel.port[portToUse]);

// Wait until the module is connected
gps.on('ready', function () {
  console.log('GPS module powered and ready. Waiting for satellites...');
  // Emit coordinates when we get a coordinate fix
  gps.on('coordinates', function (coords) {
    console.log('Lat:', coords.lat, '\tLon:', coords.lon, '\tTimestamp:', coords.timestamp);
  });

  // Emit altitude when we get an altitude fix
  gps.on('altitude', function (alt) {
    console.log('Got an altitude of', alt.alt, 'meters (timestamp: ' + alt.timestamp + ')');
  });

  // Emitted when we have information about a fix on satellites
  gps.on('fix', function (data) {
    console.log(data.numSat, 'fixed.');
  });

  gps.on('dropped', function(){
    // we dropped the gps signal
    console.log("gps signal dropped");
  });
});

gps.on('error', function(err){
  console.log("got this error", err);
});

手順5

以下のコマンドを入力してください。tessel run gps.js
あなたが今いる場所の位置を調べてみてください。位置がうまく確定しない場合は、部屋の外に出てみてください。室内だと人工衛星からの電波の受信がうまくいかないことがあります。

おまけ:自宅から一定の距離に近づくと通知が表示されるようにしてみてください(ヒント:GPSモジュールのドキュメントを読んでみてください)。

GPSモジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

手順6

あなたはこの gps で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

あなたは何を作っている あなたの本を共有する

何か困ったことがあったら、GPSモジュールの掲示板で聞いてみてください。

他のモジュールを試す

あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

Fork on Github