赤外線通信

View Source

手順1

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir ir いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd ir

手順2

赤外線通信(ir)モジュールをTesselのポートAに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

手順3

以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install ir-attx4

手順4

ir.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

// Any copyright is dedicated to the Public Domain.
// http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/

/*********************************************
This infrared module example transmits the
power signal sequence of an Insignia brand
television every three seconds, while also
listening for (and logging) any incoming
infrared data.
*********************************************/

var tessel = require('tessel');
var infraredlib = require('ir-attx4');
var infrared = infraredlib.use(tessel.port['A']);  

// When we're connected
infrared.on('ready', function() {
  console.log("Connected to IR!");
  // Start sending a signal every three seconds
  setInterval(function() {
    // Make a buffer of on/off durations (each duration is 16 bits)
    var powerBuffer = new Buffer([0x22,0xc4,0xee,0xd0,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x8a,0xf9,0xf2,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xf9,0xc0,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xf9,0xc0,0x2,0x8a,0xf9,0xf2,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xfe,0x3e,0x2,0x8a,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xfe,0xc,0x2,0x58,0xf9,0xc0,0x2,0x8a,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xf9,0xc0,0x2,0x58,0xf9,0xc0,0x2,0x58]); 
    // Send the signal at 38 kHz
    infrared.sendRawSignal(38, powerBuffer, function(err) {
      if (err) {
        console.log("Unable to send signal: ", err);
      } else {
        console.log("Signal sent!");
      }
    });
  }, 3000); // Every 3 seconds

});

// If we get data, print it out
infrared.on('data', function(data) {
  console.log("Received RX Data: ", data);
});

手順5

以下のコマンドを入力してください。tessel run ir.js
赤外線通信モジュールをテレビに向けると、テレビの電源が入ります(テレビの機種によって、残念ながら反応しないことがあります)。デジカメや携帯電話のカメラで赤外線通信モジュールを写すと、赤外線が出ているようすを見ることができます。

おまけ:他の電気製品の電源を入れられるようにプログラムを変更してみてください。

赤外線通信モジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

手順6

あなたはこの ir で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

あなたは何を作っている あなたの本を共有する

何か困ったことがあったら、赤外線通信モジュールの掲示板で聞いてみてください。

他のモジュールを試す

あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

Fork on Github