リレー

View Source

手順1

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir relay いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd relay

手順2

リレーモジュールを使って別の機器の電源を制御したい場合は、電源のケーブルを切って、中の電線をむき出しにして、リレーモジュールのポート1の端子台に挿しこんでください。特に電源を制御したい機器が無い場合は、何もつながず、そのまま進めてください。電源が制御されるようすは見られませんが、切り替わるときにカチっという音が聞こえます。

手順3

リレー(relay)モジュールをTesselのポートAに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

手順4

以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install relay-mono

手順5

relay.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

// Any copyright is dedicated to the Public Domain.
// http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/

/*********************************************
This relay module demo toggles both relay
channels every two seconds, logging the new
values to the console upon latching.
*********************************************/

var tessel = require('tessel');
var relaylib = require('relay-mono');

var relay = relaylib.use(tessel.port['A']);

// Wait for the module to connect
relay.on('ready', function relayReady () {
  console.log('Ready! Toggling relays...');
  setInterval(function toggle() {
    // Toggle relay channel 1
    relay.toggle(1, function toggleOneResult(err) {
      if (err) console.log("Err toggling 1", err);
    });
    // Toggle relay channel 2
    relay.toggle(2, function toggleTwoResult(err) {
      if (err) console.log("Err toggling 2", err);
    });
  }, 2000); // Every 2 seconds (2000ms)
});

// When a relay channel is set, it emits the 'latch' event
relay.on('latch', function(channel, value) {
  console.log('latch on relay channel ' + channel + ' switched to', value);
});

手順6

以下のコマンドを入力してください。tessel run relay.js
2秒ごとにオンとオフが切り替わります。このプログラムを使って、いろいろなものの電源を入れたり切ったりしてみましょう。以下のGIF画像では、リレーモジュールと環境センサーモジュールを使って、机をたたくごとにライトのオンオフが切り替わるようにしています。

おまけ:10秒ごとに、ポート1のオンとオフが切り替わるようにプログラムを変更してみてください。

リレーモジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

手順7

あなたはこの relay で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

あなたは何を作っている あなたの本を共有する

何か困ったことがあったら、リレーモジュールの掲示板で聞いてみてください。

他のモジュールを試す

あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

Fork on Github