サーボモーター

View Source

手順1

以下のコマンドを入力して、「tessel-code」ディレクトリーの中に、もうひとつディレクトリーを作ってください: mkdir servo いま作ったディレクトリーの中に移ってください。 cd servo


手順2

写真のようにサーボモーターをサーボモーターモジュールの端子の1番に挿しこんでください。

  • 茶色いワイヤー(グラウンド)は「-」の位置に来ます。
  • 赤いワイヤー(電源)は「+」の位置に来ます。
  • 黄色いワイヤー(信号線)は「S」の位置に来ます。
  • 手順3

    5V出力のACアダプターを用意し、サーボモーターモジュール上のDCジャックに挿しこんでください。ACアダプターをコンセントにも挿しこんでください。

    手順4

    サーボモーター(servo)モジュールをTesselのポートAに挿しこんでください。このとき、六角形のTesselロゴの面が裏側、電子部品が有る側を表側になるようにしてください。最後に、TesselとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

    手順5

    以下のコマンドを入力して、パッケージをインストールしてください。npm install servo-pca9685

    手順6

    servo.jsという名前のファイルを作成し、以下の内容を書き込んで保存してください。

    // Any copyright is dedicated to the Public Domain.
    // http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/
    
    /*********************************************
    This servo module demo turns the servo around
    1/10 of its full rotation  every 500ms, then
    resets it after 10 turns, reading out position
    to the console at each movement.
    *********************************************/
    
    var tessel = require('tessel');
    var servolib = require('servo-pca9685');
    
    var servo = servolib.use(tessel.port['A']);
    
    var servo1 = 1; // We have a servo plugged in at position 1
    
    servo.on('ready', function () {
      var position = 0;  //  Target position of the servo between 0 (min) and 1 (max).
    
      //  Set the minimum and maximum duty cycle for servo 1.
      //  If the servo doesn't move to its full extent or stalls out
      //  and gets hot, try tuning these values (0.05 and 0.12).
      //  Moving them towards each other = less movement range
      //  Moving them apart = more range, more likely to stall and burn out
      servo.configure(servo1, 0.05, 0.12, function () {
        setInterval(function () {
          console.log('Position (in range 0-1):', position);
          //  Set servo #1 to position pos.
          servo.move(servo1, position);
    
          // Increment by 10% (~18 deg for a normal servo)
          position += 0.1;
          if (position > 1) {
            position = 0; // Reset servo position
          }
        }, 500); // Every 500 milliseconds
      });
    });
    

    手順7

    以下のコマンドを入力してください。tessel run servo.js
    サーボモーターが回転します!

    おまけ:値1の位置まで一気に回転させ、そのあと値0の位置に戻すようにプログラムを変更してみてください。

    サーボモーターモジュールの機能についてもっと知りたい場合は、モジュールのドキュメントを参照してください。

    手順8

    あなたはこの servo で他に何を行うことができますか コミュニティプロジェクトを試してみてください

    あなたは何を作っている あなたの本を共有する

    何か困ったことがあったら、サーボモーターモジュールの掲示板で聞いてみてください。

    他のモジュールを試す

    あるいは、ここを飛ばして無線LANに進んでください。

    Fork on Github